十二運

十二運とは

運勢を12段階で表したもので、次の12種類のサイクルで順に移行します。 【 胎→養→長生→沐浴→冠帯→建禄→帝旺→衰→病→死→墓→絶 】 この運気のサイクルは、人が生まれてから死ぬまでの一生を例えたものです。干支の組み合わせから十二運が導き出され、各柱にあるため命式には4つの十二運があります。かの有名な『動物占い』は、この十二運をベースに考案された占いです。

十二運の一覧

十二運の胎は母親の胎内に、胎児を宿し始めた様子を表します。新しい命を宿し広がることから、探究心とか発展という意味があります。日柱に胎があると好奇心が旺盛です。温和でやさしく、恐怖心に打ち勝つ強さがあるのですが、良くも悪くもその場の雰囲気に左右されます。理想が高いせいで決断や選ぶときによく迷います。忍耐が弱いので決める前に次にいってしまうことも。忍耐を学ぶことで中盤以降運勢が開けてきます。

十二運の養は母親の胎内で新しい命を宿しながらも、宿ってまもなくの安定していない慎重さが必要な時期です。日柱が養の人は運勢的には苦労が多く人生の前半は試練が続くでしょう。性格は慎重で忍耐力があり、順応性もあるので耐え忍ぶことによって将来的に発展するでしょう。精神的にはどこか甘えられる存在がいると良いかもしれません。また母親との縁があります。

長生

十二運の長生は胎児が成長して安定期に入り、これから生まれ出る様子を表します。したがって発展や成長、幸福、円満などの意味を持ちます。長生の人は明るく親しみやすい雰囲気を持ち温和です。積極的ですが、そこまでガツガツしていないせいか気持ちにゆとりがあります。長生の人は何事もゆっくり発展していきますので焦らず自分のペースでやっていくと良いでしょう。

沐浴

十二運の沐浴は赤ちゃんがいよいよ誕生し、産湯に入る様子です。赤ちゃんは元気に泣いていますが、生まれて間もない状態なので不安があります。沐浴は迷いと変動を意味し、沐浴を持つ人は、気移りが多く、コロコロとやることを変えやすい性質です。魅力的な人も多く、恋愛では不倫関係に陥りやすく、異性問題を起こしやすい面があります。学芸や技術に才があるのでその方面で活躍できるでしょう。

冠帯

十二運の冠帯は子供から成長して青年期を迎え、これから一人前としてやっていく時期です。勢いがあり、運も強いので、向上しようとする性質です。冠帯を持つ人は我が強く負けず嫌い、パワーがあります。抜きん出て目立つかもしれません。ワンマン気味の傾向もあるので、人と協調することを学ぶと発展するでしょう。

建禄

十二運の建禄は成人して財産をなし、家を構えて安定している状態です。安定、発展、財産、地位などを意味します。建禄をもつ人は、真面目に努力を怠らず物事に取り組みます。周囲とも協調しながら進めていくので発展しやすく、人生の早い段階から地位ある立場になる可能性が高いです。

帝旺

十二運の帝旺は、社会的にも人生的にも頂点に達した状態です。地位と名誉を手にし、自信があるのです。活発、強気、独立などの意味があり、帝旺がある人は、他人を巻き込む強い意志を持ち、人の上に立つ器量があります。プライドが高く自信家なので、人に頭を下げるのは苦手です。女性の場合、普通以上の男性並にバリバリ仕事をする人が多いです。

十二運の衰は、人生の頂点が過ぎ去り、これから熟成されていく状態です。いままでの運勢の強さから陰りが見え始めるため、弱気で慎重、真面目になります。衰を持つ人は温和でおとなしいタイプが多く、猜疑心が強いので奥手で保守的な傾向があります。衰が運勢に廻るときは、新しいことに挑戦するより現状を維持するといいでしょう。

十二運の病は、病気になり停滞している状態ですが、実際の「病気」とは関係ありません。停滞してはいますが、これまで努力して培ったモノを刈り取って蓄える時期になります。病の人は温厚で人にやさしく、消極的なタイプです。行動力はさほどないので頭の中で考えすぎて取り越し苦労が多いでしょう。物事を深く探求する性格のためこだわりが強く潔癖です。

十二運の死は、生が終わることを示すため停滞や安息や平穏などの意味があります。病と同じく実際の「死」とは関係がありません。死を持つ人の特徴は真面目で知的、洞察力が鋭く物事を先の先まで読む力があります。そのため対応が早い面もありますが、なかなか決断できずチャンスを逃してしまうことも。ロマンチストな一面もあり芸術や技術の才能に恵まれるため、その方面に進むと成功が期待できます。

十二運の墓は、死を迎えたあと墓に入る段階を示し、人生の安息時期を表します。墓を持つ人は真面目で堅実、綿密に計画しないと気が済まない面があります。四柱推命で墓は、蔵(くら)という意味もあり、通変星の財星と墓が同じ柱にあると蔵にお金を貯めることができる、という意味があります。保守的なめんが生まれ、コツコツお金はを貯めて蓄財することに喜びを感じます。

十二運の絶は、すべてが絶えて次の新しい芽に向けて動き出す状態です。絶は、もっとも底の運気を通ったあと一転して上昇に向かうため、浮沈・別離・転機を意味します。絶を持つ人は、パッと見おとなしそうに見えますが、感情のコントロールが苦手で激情的になることがあります。内面の不安定さから、さまざまな苦労をしますが、それを克服するために人一倍の努力を重ねれば成功する人もいます。孤独癖があり一人の時間が必要です。

クラウド総合鑑定システム
ほしよみシステムを試してみませんか?

四柱推命・紫微斗数・九星気学の3つの鑑定結果を一度に見れるのは、ほしよみシステムだけ! 各占術の用語をクリックして解説を表示する機能や鑑定結果の履歴を残す機能など、趣味で占いを勉強している方からプロ向けの鑑定に必要な機能を搭載。 有料のオプションもありますが、 全ての鑑定が無料でご利用いただけます。

無料会員登録